コロナウイルス:ファイザーが開発した「90%有効」なワクチン (アルジェリア)


アメリカの製薬会社ファイザーとドイツのバイオテクノロジー研究所BioNTechは月曜日に彼らのパートナーシップの下で開発されたワクチンは「 90%効率 “、ロイターを報告します。

有効率は、ワクチンの臨床試験の最初の中間分析に続いて両社によって決定され、現在、数万匹のギニアブタを用いた第3の最終段階にあります。

PfizerとBioNTechはまた、ワクチンによる健康上のリスクをまだ発見していないと述べ、今月、ワクチンの緊急使用について米国当局から許可を得ることを望んでいると述べた。

ワクチンが認可された場合、特にワクチンによって提供される保護の期間に関して、いくつかの質問が残っている間、投与回数は最初は制限されます。 「」 今日は科学と人類にとって素晴らしい日です 「ファイザーの社長であるアルバート・ブルラは、同じ情報源から引用されています。

「」 世界が最も必要としている時期に、ワクチン開発プログラムでこの重要なマイルストーンに到達しています。感染率は新記録を打ち立て、病院は過剰能力に近く、経済は回復に苦労しています。 Bourla氏を追加しました。

PfizerとBioNTechは、今年1億回分のワクチンを供給するために、米国政府とすでに20億ドル近くの契約を結んでいます。両社はまた、欧州連合、英国、カナダ、および日本と供給契約を結んでいます。

時間を節約するために、両社はその有効性が確認される前にワクチンの大量生産を開始しました。 PfizerとBioNTechは現在、2500万人を保護するのに十分な、今年最大5,000万回の投与を計画しています。ファイザーはまた、2021年に最大13億回分のワクチンを生産する予定です。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です