コロナウイルス:アルジェリアとフランスの間を旅行するための新しい方法 (アルジェリア)


アルジェのフランス総領事館は水曜日に発表し、フランス当局はアルジェリアからフランスに旅行する人々にコロナウイルスのパンデミックとの闘いに関連して一連の新しい文書を提示するよう求めています。

問題のドキュメントは 「特別な国際旅行証明書」 同様に 「あなたはCovid-19感染の症状を示しておらず、出発の14日前にcovid-19の確定症例と接触したことに気付いていないという陳述書”、 領事館を指定します。

「アルジェリア出身の国籍に関係なく、フランスのシェンゲン国境(パリCDG空港など)に到着したら、国境を越えるために通常必要な書類に加えて、例外的な国際的な変位、そのモデルは内務省のウェブサイトで入手可能”、アルジェのフランス領事館に連絡し、この証明書は 「出発前と国境管理中に運送会社に提示し、必要な補足書類を添えてください。 」

この証明書には、 「あなたはcovid-19感染の症状がなく、出発の14日前にcovid-19の確定症例と接触したことに気付いていないという陳述書」、同じ情報源にも通知し、 「これらの書類とそれに付随する補足書類を提示しないと、会社が搭乗を拒否したり、国境警備隊が入国を拒否したりする可能性があります。」

旅行者がフランス領土に到着したときにコロナウイルス汚染の症状を示した場合、彼は処方されます 「県によって隔離された隔離と配置とメンテナンス」。

「さらに、フランスに入国する可能性が高い11歳以上の人々は、搭乗前の出発の72時間未満の間に実施されたPCR陰性検査の結果を提示するよう求められています。」、フランス総領事館を示し、 「この結果なしで国境に到着した人々は、到着時にスクリーニングのためにテストされます。」

「サンプリングが拒否された場合、または検査結果が陽性の場合、県は検疫を指示し、必要に応じて隔離して配置または保守を行う」、同じソースを報告します。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です