コロナウイルス:アルジェリアおよび世界中の最新ニュース (アルジェリア)


アルジェリアは、昨日6月7日日曜日に閉込めの最初の段階を開始し、商業およびサービス活動の中間調に再開しました。健康面では、Covid-19コロナウイルスパンデミックの毎日の評価で10名未満の死亡があり、104件の新しい陽性症例が公式に記録され、大きな変動はありませんでした。

アルジェリアは現在、感染の10,154件のケースでCovid-19による707人の死を遺憾に思っています。 Lyes Rehali教授は昨日、監禁の主な目的は病院への圧力を緩和することであると説明し、マスクの強制着用に関する法律の「厳格な」適用を主張した。彼にとって、監禁の成功は、障壁措置の遵守にかかっている。

世界中で、コロナウイルスのパンデミックは、700万以上の感染例で406,000人以上の命を奪っています。米国は、パンデミックの影響を最も大きく受けている国であり、イギリス(40,542人)、ブラジル(35,930人)、イタリア(33,899人)よりも前に、1,938,842件の公的事件で110,482人が死亡しています。フランス(29,155人死亡)。フランスは昨日、3月中旬以来最低レベルの病院死を記録し、集中治療症例数は土曜日の1,059から1,053に減少したため、24時間で13人の死が増加した。ヨーロッパでは、いくつかの国が彼らの監禁を続けています。

スペインでは、ラリーガが水曜日に数か月の停止後再開します。ギリシャでは、アテネとテッサロニキの空港が6月15日から再開され、29か国からの観光客を迎えられるようになります。

英国では、海外から到着する人は誰もがコロナウイルスの新しい症例の輸入を避けるために2週間を経験しなければなりませんが、その対策は特に航空会社のブリティッシュエアウェイズ、イージージェット、ライアンエアーによって争われています。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です