コロナウイルス:アルジェリアおよび世界中の最新ニュース (アルジェリア)


3か月の監禁の後、アルジェリアは6月7日日曜日に、その監禁計画の最初のフェーズを開始しますが、疫学的状況は安定しています。 Covid-19による8人の新たな死亡が昨日24時間で国内で報告され、3月12日以降の合計は690人に達しました。

汚染については、1日に公式に登録された115の新しいケースで、前日の104に対してわずかに増加し、合計で10,050の陽性ケースが記録されました。

アルジェリアはその監禁を始める

したがって、アルジェリアはこの日曜日に建設セクターに加えて、いくつかの事業の再開と25の商業活動およびサービス活動の再開を含む漸進的な監禁計画を開始しています。実施を許可されたオペレーターおよびトレーダーは、強制的なマスクの着用、身体的距離の離脱、頻繁な手指消毒など、特定の数の衛生対策を尊重する必要があります。

3か月の制限によってテストされたアルジェリア人は最終的に呼吸することができますが、閉じ込めを達成するという課題は、計り知れない結果を伴う流行の第2波を回避するという課題で計り知れません。この閉じ込め計画の第2段階は、6月14日の週に始まり、その他の制限が解除されます。

全世界で40万人以上が死亡

世界では、ラテンアメリカの状況が懸念されており、特にイタリアで死者33,846人、フランスで死者29,111人、そして米国に次いで、世界で3番目に遺族の多い国である35,026人が亡くなりました。アメリカ合衆国(109,497人の死亡)とイギリス(40,465人の死亡)。世界中で、パンデミックは700万人近くの陽性症例で40万人以上の人々を殺し、そのうち350万人以上が治癒したと宣言されています。

人種差別に反対するデモ

伝染の危険性にもかかわらず、アフリカ系アメリカ人のジョージフロイドが逮捕中に白人警察官によって窒息死した後、何千人もの人々が人種差別と警察の暴力を非難することを世界中でデモしましたアメリカのミネアポリスで。パリ、ロンドン、シドニー、ベルン、チュニスでは、市民がコロナウイルスに抗議し、時々彼らの憤慨を表現することを禁止することを禁じましたが、フランスでは、たとえば、警察は人種差別についての論争の中心にありますその階級の反アラブ。

拡張Opep +契約

最後に、OPEC諸国とその同盟国は、昨日土曜日に4月12日に署名された歴史的な生産削減協定を1か月間延長して7月31日まで延長することで合意しました。協定は、5月と6月の1日あたり約1000万バレルの生産削減をカバーした。 5月1日に発効した。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です