コロナウイルス:アフリカで最も亡くなった3か国の中でアルジェリア (アルジェリア)


世界保健機関(WHO)が今週土曜日に発表したカウントによると、アルジェリアはアフリカ大陸でCovid-19コロナウイルスのパンデミックに最も影響を受けた3番目の国です。

少なくとも760人の死者が公式に記録されており、アルジェリアを凌ぐのはエジプトと南アフリカだけです。後者は、コロナウイルスによる死亡がそれぞれ少なくとも1,377人と1,354人いる。

記載されている汚染事例の数では、アルジェリアはアフリカで5番目にランクされており、少なくとも10,698件の事例があります。この国は、ガーナ(48人の死者のみを含む10 86人の症例)、ナイジェリア(387人の死者を含む14 554人の症例)、エジプト(39 726人の症例)、そして最後に61 927人の症例を持つ南アフリカに勝っています。

さらに、モロッコでは8,581例が公式に登録され、チュニジアでは1,093例が報告されており、それぞれ2か国で212人と49人が死亡しています。

6月13日土曜日の時点で、アフリカで公式に登録された患者222,238人のうち、合計で6,017人がCovid-19コロナウイルスで死亡しました。アフリカ諸国はすべてコロナウイルスの影響を受けています。最も救われた国は、エリトリア(41ケース)、ナミビア(31ケース)、セイシェル(11ケース)、レソト(4ケース)です。これら4か国のいずれも、Covid-19によるわずかな死を経験していません。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です