コロナウイルス:「アルジェリアは危機に瀕している」 (アルジェリア)


Djamel Eddine Nibouche教授は、3月15日月曜日に、アルジェリアでのCovid-19コロナウイルス病の流行が悪化するリスクについて警告しました。

「Covid-19病に関するアルジェリアの疫学的状況は、現在大きく変化しています。アルジェリアを循環している現在の菌株が以前よりも毒性が低く、集中治療室または現在の入院患者の数が減少していることを考慮して状況の真の安定性を可能にし、これはバリア対策の大幅な低下にもかかわらず、 「アルジェリアに危険が潜んでいるという事実は残っている」、TSAへの声明の中でニブーシュ教授は言った。

彼の主張を裏付けるために、ナフィサ・ハムード病院(アルジェ)の心臓病学部門の責任者は、 「除外されるべきではないが、とりわけ近隣諸国からの新しい菌株の輸入と、これはアルジェリアの国境での人口の秘密の動きによる、また本国送還旅行による、新しい毒性のあるアルジェリア菌株の出現の可能性」、 彼は強調します。

「これが、厳密な調整が必要な理由です」、Djamel Eddine Nibouche教授は、強調して言います 「その役割を十分に果たさなければならない健康安全機関」 だけでなく 「私たちがその役割を最も確実にするためにあらゆる手段を借りている疫学調査の委員会」 と同様 「保健省の科学委員会」。

「これらの3つの組織は、ワクチン接種が唯一の有効な解決策であることを忘れずに、流行のこの重要な段階で共通の戦略のために行動を調整する必要があります。多数の市民にできるだけ早く予防接種をすることは、大規模であり、可能な限り加速する必要があります。」、ニブーシュ教授は主張します。

|また読む: Covid-19:キアティ教授は、アストラゼネカのワクチン接種を一時停止するよう求めています



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です