コロナウイルス彼らはフォルモサへの入場を拒否され、2週間彼らは4歳の赤ちゃんと一緒に道路で寝ていました (アルゼンチン)


州政府からの返答を待っている間、家族は道路脇のトレーラーの下に避難します。 「もうどうしたらいいのかわからない、必死だ」と赤ちゃんの父親は言った。

16日間、 家族 彼は国道11号線の側で政府を待っています フォルモサ 州への入国を承認します。ダニエル、彼のパートナーと彼らの4歳の息子 彼らは野外で眠る、トレーラーの下にあり、地区警察の全景が見えるキャンバス上にあります。彼らは、彼らの状況に関して具体的な対応を提供することができないと主張しています。

伝えられるところによると ダニエルは田舎のポーンです コロナウイルスの大流行が起こったとき、コルドバで働いていた人。 彼の仕事を失った そしてここ数週間で 彼の家族と一緒にフォルモサに戻ることにしました、彼の故郷。

しかし、その男は正式に入学を要求したものの、彼と彼のパートナー、そして彼の息子の両方がそれを拒否されました。政府は彼がフォルモサ出身ではないことを保証しているので、彼は入ることができません。 それで彼らは答えを待って立ち往生しました。

日が経つにつれ、地方自治体からの返答がなかったのを見て、 ダニエルはビデオと写真の共有を始めました 彼らがどのように要素を生き残ることができるかを示しています。

コロナウイルス彼らはフォルモサへの入場を拒否され、2週間彼らは4歳の赤ちゃんと一緒に道路で寝ていました

いくつかの画像であなたは彼を見ることができます タープの上に横たわっている4歳の息子 道路の脇で、赤ちゃんが足で受けた虫刺されを示す人もいます。また、家族が夜に身を守るために眠るトレーラーを見ることができます。

「今日、私たちは16日間立ち往生しており、何の反応もありません。かわいくない、 私たちがここにいるように犬が歩くことはないと思います」、ダニエルはとの対話で不平を言った TN

彼が州に入ることを妨げる当局との論争について、彼は次のように説明した。「プエルトエヴァペロンにはチャコ警察の支配下があり、橋の真ん中にはフォルモサ出身の警察がいます。どちらも私たちがいつ入ることができるかについて私たちに答えも希望も与えていません。毎日行って彼らにこう言います 少なくとも私の息子にとっては、少なくとも思いやりを持って、彼を母親と一緒に行かせてください」

彼らの主張にもかかわらず、家族は16日間道路に出ていました、 隔離期間よりも長い 地区が人の入場を許可するように要求すること。

「私たちは何の症状もありませんでしたが、彼らは私たちを通過させることは不可能であると私に言います。さらに、 彼らは私がフォルモサ出身ではないと言います そして、モジョン・デ・フィエロの町では誰も私を知らないのです。私が本当にそこで生まれたとき、私は学校に行き、誰もが私を知っています。実際、私は彼らに連絡しました、そして彼らは皆私に賛成です。 私は証人と出生証明書を持っています、私はフォルモサ出身です»、ダニエルは保証した。

最後に、彼は領土への参入を可能にするために州政府への援助の要請を繰り返した。 「雨は降らず、ワードローブとマットレスは濡れました。最近は42度暑かった。私たちが費やしたことはほとんどなく、悪化しています。 私は必死です、私はもう何をすべきかわかりません»、彼は表現した。

(出典:TN)

LD-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です