コロナウイルスの復活が懸念される中、国際的な観客は東京オリンピックを禁止された (オーストラリア)


東京オリンピック・パラリンピックは、コロナウイルスの大流行により、海外の観客が今年の夏季オリンピックに参加することを禁止することを決定しました。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ委員長と国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ委員長は、大会参加者と日本人の安全を考慮した東京の決定を尊重した、と組織委員会の橋本聖子委員長は土曜日に述べた。

「世界中の熱狂的なオリンピックファン、そしてもちろん、オリンピックに参加することを計画していたアスリートの家族や友人たちの失望を共有している」とバッハ氏は語った。

バッハ氏は、IPC、東京主催者、日本政府、東京市政府との5者会議の冒頭で、「すべての人から犠牲を払う必要があるかもしれない」決定を下すことができると警告した。

橋本氏は会談後、海外の観客を歓迎しないのは「非常に残念」だと語った。

東京オリンピックはパンデミックのため昨年から延期され、7月23日に開幕する予定です。

トーチリレーは、厳格な衛生プロトコルの中で、福島で3月25日に開始されます。

続きを読む

オーストラリアの人々はいつ再び海外に旅行できますか、そしてワクチンパスポートはどのように機能しますか?

武藤敏郎最高経営責任者(CEO)によると、委員会は、すでにチケットを購入し、合計63万枚のチケットが販売された海外のファンに返金します。

この決定は、日本で新たな感染症が再発し、コロナウイルスの新株の症例が増加することを恐れている中で行われます。

「すべての決定は、最初に安全の原則を尊重しなければならない」とバッハ氏は述べた。 「私たちの日本のパートナーや友人は、この結論に軽く到達しなかったことを知っています。

「彼らと一緒に、IOCの最優先事項は、すべての参加者、そしてもちろん、私たちの優雅なホストである日本人のために、安全なオリンピックとパラリンピックを開催することでした。

菅義偉首相は、1月上旬から実施されている東京とその周辺の県のコロナウイルス非常事態を日曜日に終わらせることを決定した。

毎日の新規感染数は1月以降急激に減少していますが、東京では5日連続で300件以上の新規感染が報告されています。

放送局NHKの集計によると、日本はこれまでに欧米で見られる規模のコロナウイルスの発生を回避しており、既知の感染症は約456,000件、COVID関連の死亡者数は8,800人を超えています。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です