コロナウイルスによるパニック買いがオーストラリア人を煽り、ツイッターで大量に発言したと研究で判明 (オーストラリア)


コロナウイルスが世界中に広がり始めたので、オーストラリア人はモナッシュ大学の新しい研究で調査されたどの国よりもパニック購入と製品の制限についてもっとツイートしました。

MonashのIT学部による調査では、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アイルランド、米国、英国の6か国から1月1日から4月30日までの250万を超えるツイートが分析されました。

それはまた多くのオーストラリア人がCOVID-19の拡散を止めるために国が早くシャットダウンすることを望んでいて、旅行制限が施行されたときに3月に顕著な談話の変化を発見したことを示した。

「旅行禁止令が制定され始めたとき、人々はこれを真剣に受け止め始め、当然パニック買いの波がありました」と、主任研究員のケイトリンドゥーガンはSBSニュースに語った。

この研究の目的は、コミュニティサポートの主要な傾向や、公衆衛生対策への反動(手指衛生、社会的距離、旅行禁止、在宅勤務など)を見つけることであり、研究者は将来の公共政策に影響を与える可能性があると述べています。

調査によれば、スコット・モリソン首相が定期的に記者会見を始めたとき、それは国民の懸念を和らげることはほとんどしなかった。

「人々は彼らについて本当に興奮していなかったし、大衆の集まりやその他の制限を制限することへの遅れについても興奮していなかった。オーストラリア人が望んだのはそれだ」とドゥーガン女史は語った。

続きを読む

パニック買いはこれまでパンデミックへの合理的な対応ですか?

オーストラリア人は、アイルランド、ニュージーランド、イギリスのTwitterユーザーと共に、在宅での注文が行われたときの強い支持を表明しました。

「オーストラリアは封鎖の3番目に支援的な国だった」とドゥーガン氏は述べた。

「私たちが最終的にそれらを設置したとき、人々はそれに対して非常に非常に満足し、他のオーストラリア人にそれを堅持して家にいるように励ましました。」

ロックダウンの最大の受け入れはニュージーランドで示されましたが、人種的に課せられた言葉や反中国のハッシュタグは米国でほぼ独占されていました。

調査はまた、パニック購入へのモリソン氏の率直な反応がオーストラリアのツイッターユーザーに十分に受け入れられていないことも発見しました。

「パニック購入に関するスコットモリソンのコメントには多くの失望がありました。「やめなさい、やめなさい」」とドゥーガン女史は語った。

「それは人々を落ち着かせることができなかった、そしてそれ以来、彼らはパニック買いのために本当にお互いを非難していなかった-それは本当に政府に向けられた。」

調査によると、オーストラリアのユーザーは、学校の閉鎖と政府のCOVIDSafeアプリに関する懸念についても多数ツイートしています。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です