アテネ

ギリシャの警察は、船主のアリス・テオドリスの妻であるエヴァンシア・フランゴジョルジの2009年の拉致の首謀者と見なされている、指名手配中のアルバニア人を逮捕しました。

2009年夏にパリオファリロで誘拐の主催者と疑われたアルバニア人は、疑惑によれば、アルバニア、そしてヨーロッパに逃げることで逮捕を免れた。 40歳のアルバニア人はアリモス地域で捕まった。彼はランダムチェックでDIASチームに止められました。

2009年6月19日の朝、家族のエジプト人運転手が73歳の女性をパリオ・ファリロの自宅から迎えに行き、ヴラグメニで泳ぎました。突然、2人が車に乗り込み、銃撃の脅威にさらされて、フランゴジョルグの電話から、船主に500万ユーロを解放するように頼みました。

数日後、彼らは彼女の夫に音声メッセージを送り、そこでフランゴジョルジは彼が元気であると表明しました。最後に、6日後、船主と彼の弁護士は埋め立て地に180万ユーロを残し、その夜、誘拐犯はアテネ中心部の地域で73歳の子供を解放しました。

「私は長い旅をしませんでした、私は縛られませんでした、私はフードをつけられませんでした。エレベーターはなく、階段を上ったところ、部屋にはベッドとテレビがありました。 「窓は覆われていて、音は聞こえず、顔を覆った2〜3人が私を見ていました」と犠牲者は言った。

2010年2月、2人のエジプト人、Aris Theodoridisの会社の従業員、3人のアルバニア人が逮捕されました。警察は、報酬を受け取って犠牲者を釈放した直後にギリシャから逃げたアルバニア出身の他の3人を探しに行きました。結局のところ、誘拐は「内部から」組織されました。船の所有者が17歳のときに彼をギリシャに連れて行ったので、車のエジプト人の運転手も家族の一員でした。

「彼はトレーダーの学校で勉強しました、彼らは彼を子供として持っていて、彼はアルバニア人に情報を与えました」と、この問題を扱っていた警察官は言いました。報酬の銀行券のいくつかは取引で見つかりましたが、当時の情報によると、「アルバニア人の1人が155,000ユーロの株式を提供し、妻がアルバニアで家を購入した」とのことです。

(d.xh / Balkanweb)


グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、アプリケーションはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->