オランダ政府は二極化を引き起こすので奴隷制を謝罪しない:ルッテ首相 (オランダ)


  • 政治
  • オランダ政府は二極化を引き起こすので奴隷制を謝罪しない:ルッテ首相

    政府はオランダの奴隷制度の歴史を謝罪しない、とマーク・ルッテ首相は水曜日に制度的人種差別に関する議会の討論で述べた。彼は謝罪の呼びかけを理解しているが、今はそうではない、と彼は言った。 「謝罪は社会がさらに二極化するリスクを形成する」と彼は言った。

    オランダ議会の下院であるトゥウィードカマーは、7月1日、オランダの奴隷制記念日で人種差別について議論しました。 D66、GroenLinks、およびChristenUnieなどは政府に謝罪を求めた。

    「私は要求を理解し、謝罪が何を意味するかを知っている」とルッテは言った。しかし、政府はこの問題を注意深く検討し、今がその時ではないとの結論に達しました。彼はその考慮を「闘争」と呼び、謝罪しない決定は金銭的請求や本国送還の恐れとは何の関係もないと付け加えた。しかし、謝罪がいつまで遡ることができるかという問題は考慮事項でした。同氏はまた、謝罪が社会の二極化を増大させるだけだという懸念も重要な要因だと語った。

    GroenLinksのリーダーであるJesse Klaverは、Rutteを受動的すぎると非難しました。 「議論はすでに二極化しているが、人種差別は議論ではない。」彼は続けた:「人種差別を常に特徴付けるのは、それが誰かを犠牲にすることです。人種差別はまた、しばしば対象となる人の問題です:「あなたは物事を想像している」、「それはただの冗談でした」、「あなたの問題は何ですか?」、「私はそのように意味しなかった」、「冗談です」私たちの社会は、Black Lives Matter運動からの圧力を受けて、ようやく変化していると感じています。抗議。彼らのおかげで、これらの言い訳はもはや受け入れられません。黒皮の話し言葉アーティストをズワルテピエトと比較するのは人種差別です。限目。”

    D66のリーダーであるロブジェッテンは、奴隷貿易におけるオランダ国家の役割には、奴隷にされたブラックダッチの子孫がまだ彼らに負っている傷跡が残っていると指摘しました。 「彼ら自身は奴隷制度を経験しなかったが、プランテーションで奴隷にされて生まれた祖父母を持っている。黒人オランダ人の大規模なグループは言う:私たちの痛みを見て、感じなさい」とジェッテンは言った。可能な分極化はここでは焦点であってはならないと彼は言った、焦点は「黒人オランダ人の痛み」であるべきです。

    「後悔、悔い改め、恥の表現は適切です。しかし、それは私たちが歴史に対して責任を負うことを意味するものではありません。多くの人々の苦しみを認め、私たちの行動を謝罪する場合にのみ可能です。」ジェッテン氏は、インドネシア政府によるインドネシアの独立闘争における暴力、および第二次世界大戦でのユダヤ人迫害におけるオランダ政府の役割について、オランダ政府が最近の謝罪に言及した。 「首相を引き止めているのは何ですか?」彼は知りたかった。

    ジェッテン氏は、オランダでのレースについて話し合う中で、名前が「マーク」ではないために就職を拒否されたさまざまな背景を持つ男性や、学校の遊びに参加することを許可されなかった若い黒人少女の多くの話を聞いたと述べた「ブラックプリンセスはあり得なかった」

    「それは2020年であり、これは私たちの多くの同国人にとって厳しい現実です。それらすべてのBlack Lives Matterのデモがますます目覚めているという事実は良いことですが、それはまた私たちのシステム、私たちの制度、そして当社の方針」と述べた。 「人種差別を経験することは不平等を経験することであり、未来の世代は人種差別のない世界への権利を持っています。それは1度の討論の後でも一晩でも起こりません。したがって、D66は首尾一貫した長期的なアプローチを望んでいます。」

    ルッテは、謝罪しない決定は、現時点でのこの瞬間を考慮した結果であると強調した。 「この論争は間違いなく終わっていない」と彼は言った。水曜日、内務省のKasja Ollongren大臣は、諮問機関が奴隷制度の歴史と今日の社会への影響について調査することを発表しました。ルッテは、政府がこの事務所の調査結果に基づいてその立場を再考することができると言いました。

    最右端のポピュリスト党PVVのリーダーであるGeert Wilders氏は、この議論は不要だと考えた。 「ジョージフロイドの米国での死後、世界は狂ったように見えます。コロナウイルスの後、ヒステリックな「差別ウイルス」が世界中に蔓延しているようだ」と述べた。 「「アクワシ」と呼ばれるツールの存在にもかかわらず、オランダは世界で最も寛容な国の1つです。馬鹿だけが肌の色に基づいて区別するので、ほとんどのオランダ人は肌の色に問題がなく、それは良いことです。事件はありますが、昨年は最終的に123件の差別事件のみが検察局に提出されました。」

    VVDはそれほど遠くに行きませんでした。 MPゾヘアエルヤシーニ:「まず、オランダは素晴らしい国だとしましょう。しかし、ここでも完璧ではありません。 VVD MP Zohair el-Yassini氏は、職場や自宅、あるいは路上での検索で肌の色や起源が原因で、異なる扱いを受ける人々が社会に存在しています。 「そして、私はこれを知っています。残念ながら、私は自分の人生でそれらの経験を経験しました。一回以上。しかし、私を差別したすべての人にとって、私にチャンスを与えてくれた人は10人います。」

  • オランダ政府
  • 奴隷
  • 人種差別
  • ロブ・ジェッテン
  • ChristenUnie
  • Groenlinks
  • 議会討論
  • VVD
  • PVV


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です