オランダ政府はカリブ海の島々へのコロナウイルスの援助に寛大であると呼ばれていません (オランダ)


  • 政治
  • オランダ政府はカリブ海の島々へのコロナウイルスの援助に寛大であると呼ばれていません

    有名なオランダの人々のグループは、アルバ、キュラソー、およびシントマールテンにコロナウイルスのサポートを提供するとき、政府に寛大であることを求めました。 NOSの報告によると、オランダ王国のカリブ海地域は過去3年間に打撃を受けており、王国に属することのメリットをこれまで以上に感じる必要があります。

    「ハリケーン、隣国ベネズエラの完全な崩壊、そして今、その上にコロナウイルスがいる」と、作家たちはカリブ海の島々に向けられた打撃を列挙した。アルバ、キュラソー、およびシントマールテンは、経済が観光に大きく依存しているため、コロナウイルス関連の旅行制限の影響を特に強く受けました。

    金曜日に、閣僚理事会は、王国のカリブ海地域に対するコロナウイルス救済の継続について決定する予定です。署名者は政府に、この決定を下す際に「一方では思いやりと温かい心、他方では冷静な心」で取り組むよう求めます。

    島のための3億7000万ユーロの応急処置パッケージで、政府は厳しい条件を付けました。特に、公務員や上場企業の取締役は、12.5%の給与カットを受け入れなければなりませんでした。先週、ガーベッジコレクターに支払うお金がなくなったために解雇されるとガベージコレクターに通知された後、暴動がキュラソーで発生しました。

    手紙の署名者は、政府が援助の条件を設定することを望んでいることを理解していると述べたが、島の苦労している居住者が「王国関係の付加価値」を経験するような方法で援助を設定するよう求めた。 「王国との関係の両側でビジネスと温かい心を組み合わせることで、はるかに多くのことが可能になる」と彼らは言った。

    この手紙は、オランダの雇用主ハンス・デ・ボア、NSの最高経営責任者ロジャー・ファン・ボクステル、アスリートのチュランディ・マルティナ、元オランダ中央銀行DNBノウト・ウェリンク前大統領の組織委員長、コメディアンのJandino Asporaatによって署名されました。

  • 王国のカリブ海地域
  • シントマールテン
  • コロナウイルス対策
  • オランダ政府
  • ジャンディノ・アスポラート
  • ロジャーヴァンボクステル
  • ノーウウェリンク


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です