オランダ人の大多数が戦争難民を避難させようとする (オランダ)


  • 政治
  • オランダ人の大多数が戦争難民を避難させようとする

    調査機関のIpsosによる世界難民の日に関する26か国の調査によると、10人に8人のオランダ居住者は、戦争や迫害を感じている人々に避難所と保護を提供すべきだと考えています。 RTL Nieuwsによると、スウェーデンだけが戦争難民を受け入れる意思のある住民が多かったという。

    研究者たちは、亡命希望者が自分の国を選ぶと思う理由を回答者に尋ねました。オランダ人の過半数(56%)は、難民申請者が経済的な理由でオランダに逃亡したと考えています。これは調査されたすべての国で共通の信念であり、住民の平均59%がそう信じていました。

    難民政策に関連してコロナウイルスの危機について尋ねられたとき、オランダの回答者の42%はオランダの難民予算を削減する理由はないと答え、3分の1は削減すべきだと答えました。オランダ人のほぼ半数は、コロナウイルスの危機中に亡命希望者を受け入れることに関してより厳しい要件が必要であると述べ、3分の1は現在の要件で十分であり、8パーセントは緩和すべきだと述べた。

    Ipsosは、この調査のために26か国の17,997人の住民を調査しました。

  • 亡命希望者
  • 戦争
  • コロナウイルス
  • 世界難民の日


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です