オランダへの入国禁止が6月15日まで延長されました (オランダ)


  • 政治
  • オランダへの入国禁止が6月15日まで延長されました

    欧州連合、英国、シェンゲン圏外からオランダに入国する旅行者の禁止は、金曜日に1か月延長されました。法は、コロナウイルスの拡散を遅らせるために制定されたもので、現在、6月15日に期限が切れる予定です。欧州委員会が先週実施するよう政府に助言した期限延長以外のポリシーには他の変更はありませんでした。

    入国基準を満たさない者は国境を越えて入国できなくなります。一般的に許可されているものには、EU、イギリス、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスの市民とその家族が含まれます。

    長期滞在者、長期滞在ビザをお持ちの方、MVVをお持ちの方もご入場いただけます。医療専門家、国境職員、ロジスティクス労働者、外交官、軍人、国際および人道支援労働者などの重要な職務を遂行する人々、庇護および国際保護を要求する人々も同様です。

    規則の例外には、オランダを経由して第三国に旅行する人々、および親族を訪問する緊急の理由がある個人が含まれます。同省は、「例外的なケースは、末期症状の家族を訪問し、葬式に出席することである」と述べた。家族の例外は、近親者、祖父母、孫のみが許可されています。

  • コロナウイルス
  • 立ち入り禁止
  • 欧州連合
  • シェンゲン


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です