オランダは「寛大な」EU支出に反対の提案を迫る (オランダ)


  • 政治
  • オランダは「寛大な」EU支出に反対の提案を迫る

    オランダは、月曜日にドイツのアンゲラメルケル首相とフランスのエマニュエルマクロン大統領が提示した5000億ユーロの回復提案への対抗策を先導しています。オランダは、土曜日に新たに引き出された提案で、助成金や助成金ではなくローンが、展開する経済危機の矢面に立たされているユーロ圏経済に利用可能であるべきだと主張しました。

    新しい提案は、デンマーク、スウェーデン、オーストリアとともにオランダによって提案されました。 「Frugal Four」と総称される国のグループ。公共放送局NOSによれば、欧州の一時的な緊急基金スキームが形成されること、および欧州予算の近代化が採用されることを主張しています。

    カウンタープランは、他のEU諸国と「団結し、連帯して」対応を提案した仏独の共同提案は寛大すぎると主張しています。

    この開発は、Covid-19によってもたらされた経済的混乱に照らしてEUが支出をどのように増やすべきかについての2か月にわたる長引く議論の後に続きます。オランダなどの財政的に保守的な国は融資を主張していますが、ヨーロッパ諸国の大部分は、ユーロ圏での助成金、補助金、相互債務に賛成しています。

  • オランダ
  • フランス
  • オーストリア
  • アンジェラ・メルケル
  • 欧州連合
  • ローン
  • 経済危機


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です