オランダの行楽客の4分の1は海外に行き、もう4分の1はどこにも行かない (オランダ)


  • ビジネス
  • オランダの行楽客の4分の1は海外に行き、もう4分の1はどこにも行かない

    1,000人を対象にした調査によると、夏休みを取ることを計画していた人の約26%は、休暇で国を去ります。これは、Covid-19パンデミックがヨーロッパをしっかりと握る6週間前の1月に人々が言っ​​たのと比較して、大きな落ち込みです。

    当時、70%は夏休みにオランダを出る予定でした。

    今週のDVJ Insights for RTL Nieuwsの調査によると、回答者の4分の1未満が休みを取らず、29%がオランダに滞在することで休暇を取ります。残りの21%はまだ未定でした。

    8月に家族と一緒にイタリアに行く予定の42歳のメラニー氏は、「私は一年中働いており、景色、天気、食べ物を楽しみに行きたい」と語った。どこでもコロナウイルスに感染する可能性があるので、行ってみませんか?」アイントホーフェンの女性がRTL Nieuwsに説明しました。

    行く人々のほとんどは、彼らがオランダ政府の助言を信頼していると報告しました。海外へ行く理由として政府の助言さえ引用するまで、約29%が行っており、休憩したいという願望がオランダからの避難の主な理由であると4分の1(24%)が報告しています。

  • コロナウイルス
  • トラベル


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です