オベラに入れられたコロナウイルスの患者はわずかに改善しましたが、まだ治療中です (アルゼンチン)


アリストブロデルバジェ市の患者、男性、47歳 コロナウイルスの陽性症例が今週日曜日にミシオネス州政府によって報告された、Samic deOberá病院への入院を継続。

男は19日土曜日に入隊し、 重度の呼吸不全と陽性のCovid-19綿棒の写真付き

21日の月曜日の朝に発表された医療レポートは次のことを示しています。「危険因子のある患者:高血圧、糖尿病、肥満。彼は現在、血行力学的に安定した無熱性酸素サポートにより、自発的に呼吸を行う集中治療呼吸院に入院している。 わずかな改善、保護された予後」。

出典:ViaPaís

DL-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です