数十人の家族と市民が今日、首相官邸の前でプラカードとスローガン「シリアで忘れられた、子供を家に連れ帰る」で平和的に抗議した。

彼らは当局に彼ら自身の過失なしにシリアの収容所に行き着いた子供たちに彼らの注意を向けるように要請している。エヴァとエンドリドゥマンの叔父であるシェタンンドレジョニは、彼の声と震えている手で、政府に説明責任を要求しました。

一方、イッリ・グラは、私たちの国で活動している過激派と過激派のグループのために数十人の生徒が学校のベンチから行方不明になっていると言い、対策を講じるよう国に訴えました。

父親と祖母が戦死した後、シリアの収容所に一人でいる2人の未成年の子供であるエヴァとエンドリデュマンの親族は、本国送還を求めています。

黒い服を着ており、健康状態はまったく良くない母親は、7年間子供を見ないので泣きます。

家族や市民が首相官邸の前を行進し、バナーやランドセルを置いた。

(AOL)

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、アプリケーションはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->