エドゥアルドデュハルデ氏は、アルゼンチンがクーデターに見舞われる可能性があると宣言した。「来年選挙が行われると考えるのはばかげている」 (アルゼンチン)


元大統領は、国が政策を変更しなければ「2021年と同様の危機が来ており、内戦になるかもしれない」と指摘した。 「アルゼンチンは軍事独裁政権の擁護者である」と彼は宣言した。

元大統領エドゥアルドデュハルデ 彼は今夜、2021年に予定されているアルゼンチンでの立法選挙の開催を質問した。 そしてそれを脅かした 大統領、アルベルト・フェルナンデスが彼の政策を変えなければ、国は新しいクーデターに苦しむかもしれません。

「来年選挙が行われると考えるのはばかげています。アルゼンチンは軍事独裁政権の擁護国である»、 彼はLoose Animalsプログラムとの対話で宣言しました。

  • また読む: アルベルト・フェルナンデス:「アルゼンチン経済は動き始めた」

2002年から2003年の間に暫定的に全国執行部の責任者を務めたDuhaldeは、同国が2001年と同様の経済シナリオに移行することを確信し、政府がその政策を変更しなければ、2001年と同様の危機が発生し、それは内戦で終わることができます。

「アルゼンチンはそのようなリスクを負っています。なぜなら、これは非常に大きな災害であり、人々はこれらすべてをもって自分自身を明らかにしようとしているからです。 これは、私たちが持っていた最も複雑な大統領職ですそれは誰もが行く悪い環境を生成することができます“彼が追加した。

ジャーナリストの反対尋問の前に、 彼は民主主義の崩壊についての彼女の主張を確信していると述べました «選挙はありません。なぜ選挙が行われるのですか?私たちには記録があり、人々はそれを知らないか忘れています。1930年から1983年の間に 14の軍事独裁政権、 軍の大統領…中南米で軍国主義が復活していることを無視することはできません。それは比喩ではなく、信念です»、 引数

「選挙が行われるためには、コンセンサスが必要です。コンセンサスとは逆の道を進むこれらすべてのものを消去する必要があります」彼は、特に司法改革法案によって促進された与党と野党の間の最後の交差に言及して指摘した。



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です