イタリアは自分自身の面倒を見る必要があります:オランダ首相 (オランダ)


  • 政治
  • イタリアは自分自身の面倒を見る必要があります:オランダ首相

    イタリアは次の経済危機で自分自身の面倒を見ることを学ばなければならない、とマーク・ルッテ首相は最大のイタリアの新聞コリエール・デッラ・セラの雑誌とのインタビューで言った。ルテ氏は、イタリアがコロナウイルスのパンデミックに強い打撃を受け、助けが必要であることを理解していると述べたが、国は自立することも学ぶ必要があるとNOSは報告している。

    「パンデミックの影響は、人命と経済的被害の両面でイタリアに多大な影響を与えています。私たちは理解しているため、イタリアを助ける必要があります」とルッテ氏は語った。しかし、イタリアは将来の危機に立ち向かわなければならないので、その援助は改革を伴わなければならない、と彼は付け加えた。

    「コンテ首相がこれまでにやったことは素晴らしいと思う。彼がイタリアの生産性と競争力を高めるために講じた措置。不人気な措置も講じられており、それは良い出発点である。イタリアが次回であることは極めて重要である。それ自体で危機に対応することができます。」

    欧州委員会は、コロナウイルスの危機によって打撃を受けたEU諸国に7,500億ユーロの援助を提供することを提案しました。補助金として5,000億ユーロ、残りはローンです。この提案が受け入れられれば、イタリアは約1700億ユーロで最大の額を受け取るでしょう。

    イタリアはオランダからの援助を頼りにすることができるが、自由なお金はできないとルッテは言った。オランダ次第であれば、EU​​の回復基金はローンのみで構成されます。同氏はまた、「融資も助けになるから」と述べた。ルッテは、EUコロナウイルスの援助に関連する厳しい条件を求めて戦ってきた「質素な4」国のリーダーと見なされています。

  • マーク・ルテ
  • EU
  • 景気回復基金


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です