イスラム教徒の女性がセクハラと宗教的差別をめぐってマクドナルドを訴える (アルメニア)


AP通信によると、メリーランド州のマクドナルドで働いているイスラム教徒の女性は、マネージャーや従業員が彼女を性的に暴行し、イスラムに改宗したときに宗教的差別を受けたと主張している。

ボルチモア出身の28歳のダイヤモンドパウエルは、以前の雇用主であるレナムのSusdewitt Management LLCを訴えました。

2016年、ボルチモア国際空港で2つのマクドナルドオフィスを経営する会社で働き始めたとき、パウエルはクリスチャンでした。彼は後にイスラム教に改宗し、ヒジャーブと宗教的なスカーフを職場で身に着け始めた。

マネージャーの一人は彼にそのシャツを脱ぐように言った、そして他のマネージャーはmanagerに言った「神があなたを目覚めさせて祈るまで待つ必要はない」とパウエルは連邦訴訟で言った。

パウエルは彼が一日に五回祈る必要があると信じています。彼の主張によると、経営幹部は当初、パウエルにシフトの間に祈るために短い休憩を取るようにという要求を認めました。

しかし、ゼネラルマネージャーはパウエルに空港の静かな場所で祈るのを禁じ、代わりにクローゼットの中で祈るように命じ、それから「神は理解するだろう」と完全に禁じ、訴訟は述べています。

訴訟はまた、パウエルが職場で性的暴行を受けたと主張しています。何人かのマネージャーと同僚が彼女に処女であるかどうか尋ねました、そしてシフトのマネージャーは明白な性的発言をしました。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です