アルメニア総主教はキリスト教およびイスラム教の崇拝のためのギリシャの教会を開くことを提供します (アルメニア)


最近選出されたコンスタンティノープルのアルメニア総主教、サハクマシャリアンは彼の問題のある公式声明を続け、イスタンブールのアルメニア人コミュニティと世界中のアルメニア人に反対しました。カリフォルニアクーリエの発行者および編集者であるHarut Sassounianは、彼の記事でこれについて書いています。

彼は特に指摘した。 「数ヶ月前、彼は米国議会によるアルメニア人虐殺を認める決議について批判的な発言をした。

彼がトルコ当局、特にトルコのレセプ・タイップ・エルドアン大統領を喜ばせたいことは、家父長の発言から明らかです。彼の責任を超えた問題に干渉しないように彼への私たちの頻繁なアドバイスは、依然として方言砂漠の声のままです。彼は静かにしなければならないことを理解していないようです。

世界中のエルドアン首相が、ギリシャの歴史的な聖ソフィア大聖堂をモスクに変えることについて、物議を醸している声明が繰り返されていることを認識しています。 1935年、アタチュルクはモスクのステータスを博物館に変更しました。

エルドアン首相の発言は、特にギリシャで、そして世界中のギリシャ人の間で、世界的な議論を引き起こした。聖ソフィア大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されています。寺院をモスクに変えると、きっと世界の人々を怒らせるでしょう。

これは、エルドアンを喜ばせるためだけにアルメニア総主教が暴力的に現れた矛盾です。最近、アルメニア総主教の問題のある提案に対する強い批判があります。

アルメニア総主教が少し知恵を持っているなら、彼はまず彼らの意見を見つけるためにイスタンブールのアルメニア共同体の主要なメンバーと相談するでしょう。さらに重要なことに、彼はバーソロミューのコンスタンチノープルにあるギリシャのエキュメニカル教会の家長に助言を求めなければならなかった。さらに、アルメニア総主教は、イスタンブールのイスラム指導者に、キリスト教と同じ構造で彼らのイスラム宗教を実践することが受け入れられるかどうかのアドバイスを求めることを考えましたか?私たちの情報によると、世界にはそのような場所はありません。その理由は、これがイスラム教徒には受け入れられないためです。

アルメニア総主教の異端の提案も、トルコのイスラム教徒とエルドアン大統領と矛盾する可能性があります。トルコ当局を喜ばせようとしていた家父長にとって、このような不幸な結末はここにあります。

家父長マシャリャンは、聖ソフィア大聖堂のステータスを博物館からキリスト教信者のためのモスクのプライベートエリアに変更することをうっかりサポートしました。トルコ当局が家父長の提案から結論付けることができる唯一のものは、彼が教会をモスクに変えることに賛成であり、モスクの隅がキリスト教の宗教的儀式に割り当てられるという彼の提案を無視していることです。ある日、トルコ政府がヴァン湖近くのアルメニアのアフタマール教会(現在は公式に観光地として分類されている)をモスクに変え、キリスト教の崇拝のための小さな部屋を割り当てた場合、アルメニア総主教はどう反応するでしょうか。

状況を複雑にしているのは、総主教MashalyanがいくつかのTwitter投稿を通じて彼の声明を発表したことです。彼がTwitterを使ってそのような発言をするようになったきっかけに、深刻な結果をもたらしたことに私は驚いています。 「アヤソフィアは崇拝のために開かれるべきである」と彼は言った、そしてそれはその目的のために非常に大きいとクリスチャンにいくつかを提供していると指摘した。 「世界に私たちの宗教の平和と成熟を称賛させましょう。聖ソフィア神殿が現代の人類の平和の象徴になるように」

家父長はその後、人類はそのような統一を祈り求め、聖ソフィア大聖堂のドームの下で一緒にそうすることを申し出たと言いました。 「私たちの信念は異なりますが、私たちは一人の神を崇拝しませんか?」彼によれば、アヤソフィアは千年の間キリスト教徒のために、そしてイスラム教徒のためにさらに500年の間崇拝の場であり、それに反対していません。 「アヤソフィアは数万人の労働者によって天文学的なコストで建設されました」と彼は言って、ファティ・スルタン基金は500年以上の間カルトの場所に多くの改修を受けたと指摘しました。彼は彼らの目標はそれを崇拝の場として保存することであり、「単なる博物館ではない」と強調した。彼は、参拝者が混雑する観光地としてよりも、参拝者が膝の上で祈ることができる礼拝の場としてより便利であろうと述べました。トルコのメディアはすぐに家長の声明を発表した。

ナショナリズム運動党のリーダーであるデヴレットバーセリは、家父長の素朴な提案に最初から厳しく対応し、「聖ソフィア大聖堂は金曜日にモスクで日曜日に教会である」という考えをあざけりました。

聖ソフィア大聖堂は、特にギリシャ人にとって最も重要な宗教的遺跡の1つです。寺院はビザンチン帝国によって537に建てられました。それは世界最大の建物であり、当時のエンジニアリングの驚異でした。聖ソフィア大聖堂は、オスマン帝国のコンスタンティノープル征服(現在のイスタンブール)の後、1453年に帝国モスクに改築されました。その後、モスクは1935年にアタチュルクの命令により博物館に変わりました。

聖ソフィア大聖堂に関連する興味深い歴史的なアルメニアのエピソードがあります。ウィキペディアによると、「西ドームのアーチを破壊した989年10月25日の大地震の後、ヴァシル2世皇帝は、アニとアルギナの神殿の創設者であるアルメニアの建築家トルダットに改修工事を依頼しました。」損傷が大きかったため、修理と再建に6年かかりました。教会は994年に再開されました。 5月13日。」

アルメニア総主教の不愉快な発言はアルメニア人の希望を表すものではないことをギリシャの友人たちに保証することで結論を述べたいと思います。

翻訳: ルザンナ アバガンは言った



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です