アルゼンチンはラテンアメリカで最初にCOVID-19に対するワクチンを開発する国になる (アルゼンチン)


コニセト大学とサンマルティン大学の研究者グループが100,000ドルの助成金を取得し、世界中の100を超えるCovid-19ワクチン開発プロジェクトに参加します。

サンマルティン大学(UNSAM)のバイオテクノロジー研究所(IIB-INTECH)のCONICET研究者であり、免疫学、感染症、ワクチン開発の専門家であるジュリアナカッサタロ博士が率いる科学者チームは、コロナウイルスに対するワクチンを開発するために科学技術革新省に報告する研究機関であるコロナウイルスユニットによって授与された10万ドル。これは、ラテンアメリカで初めての取り組みです。

中国の湖北省武漢で何千人もの人々に影響を与えた「奇妙な肺炎」の最初の症例の6か月後、世界で急速に広まり、COVID-19としてバプテスマを受けた後、 SARS-CoV-2ウイルス、そのゲノムは記録的な速さで特定され、パンデミックとして分類され、現在600万人が確認され、36万5000人が死亡、250万人が回復し、影響を受けた国のほとんどすべてが影響を受けた国によると、ジョンズホプキンス大学。この状況において、世界中の科学者と研究者は、このウイルスに対するワクチンの開発において、115以上のプロジェクトが進行中であり、記録的な時間でステージとプロトコルを克服し、24時間体制で取り組んでいます。

アルゼンチンのワクチンプロジェクトは何で構成されていますか?

ジュリアナカサタロは、11人の科学者チームのリーダー兼コーディネーターであり、研究者カリーナパスケビッチ、ロレーナコリア、ディエゴアルバレス、エリアナカストロ、クラウディアフィロマトリ、ルシアケメス、およびセレステプブラス、ローラダリバ、ローラブルーノ、ユージニアバルドサイの研究者で構成されています。

カサタロ氏は次のように説明しました。「私たちは始まったばかりです。MINCyTのコロナウイルス部門が15日前に出資したプロジェクトです。私たちはすでにワクチン、ウイルス学者、タンパク質構造の専門家に取り組んできた免疫学者の学際的なグループです。」

「私たちはすでに感染症に対する経口ワクチンに取り組んでおり、世界には非常に進んだグループがいくつかあり、私たちに質問したのは、ここから何かを始める価値があるかどうかという質問でしたが、世界には、テストを始めたばかりの私たちのような100のグループがあり、それらが効果的に成功した結果を達成する場合、ワクチンの配布で何が起こるかを見て、彼らが効果的に私たちの国と全世界に到達するようにする必要があります。 9〜12か月以内に前臨床段階を証明します。良い結果が得られれば、臨床段階を開始するためにより多くの資金を調達する必要があります」と彼は付け加えました。

現在、アルゼンチンの科学者のプロジェクトは前臨床試験の段階にあります。 「今、ウイルス学者やタンパク質構造専門家がウイルス(SARS-CoV-2)のどの部分をワクチンに使用するかを選択しているところです。これは、ウイルスが抗原を持っていることを確認したいからです。私たちの地域で循環している株の「カッサタロは言った。

その時点でプロセスがどのように続くかについて、研究者は述べました:「そこで、免疫原性を確認するためにマウスでさまざまなアジュバントまたは製剤でそれをテストし、テストしたものすべてが私たちが求める答えを与えるかどうかを確認します。ウイルス”。

「私たちが開発するのは、B型肝炎に対して与えられたもののような組換えタンパク質を含むサブユニットワクチンフォーミュラですが、季節性インフルエンザに対して与えられたものとして知られているアジュバントでもテストし、いくつかの化合物もテストします経口投与を改善するCONICETおよびUNSAMの特許を取得していること、つまり、経口経路と非経口経路の両方をテストします-筋肉内または皮膚を介して適用されます(皮下)-効果が高く、より優れたもの生産面での経済性と管理のしやすさは今後も続く、免疫学の専門家を詳述した。

その間、群れの免疫を実装することが可能であるかどうかに関して、カッサタロは言いました:「残念ながら、フランスの研究者によって発表された研究から、群れの免疫は起こっていません。たとえば、フランスとスペインでは、それぞれ約2万7,000人が亡くなり、人口の5%だけが免疫を持っています。60%に達するには、群れの免疫を達成するために65%が必要です。 、それについて考えることは非常に危険であり、検疫を開始したすべての国はそれらを再び閉鎖しなければなりませんでした」

ここをクリックして、コロナウイルスに関する最新ニュースを読んでください。

コロナウイルスワクチンの開発とその生産、流通、アクセシビリティに関する問題をどのように見ているかを尋ねられた科学者で科学技術革新省の現在の責任者であるロベルトサルバレッツァは、次のように述べています。世界の科学的発展の背景、それは私たちがどのように科学的発展を共有しているかを知ることです。 1949年以来、科学技術へのアクセスは、健康や教育などの人権と見なされてきました。ワクチンの主題は、その出現の背後にある特許が存在する可能性がある科学的発展と見なされます。しかし、生産能力を持つ大企業と共有しなければならない技術開発への普遍的なアクセスの問題もあります。」

「たった1つの国、1つのワクチン生産者しかない場合、それをすべてに配布するのにどのくらい時間がかかりますか?世界保健機関(WHO)と国から、この問題に取り組む必要があります。世界を再び動かすためには、その特許を共有し、すべての製薬会社がそれを取得する必要があります。この世界的危機は私たち全員をより貧しい場所に置きます。コロナウイルスワクチンは、特許について議論する機会でなければなりません。これにより、HIVや抗がん剤などの健康問題とその莫大な費用が発生します。医薬品やワクチンへのアクセスは、最終的には健康へのアクセスであるため、人間化する必要があると付け加えた。

新しいコロナウイルスに対するワクチンを見つけるために世界の科学は大きな努力をしています。世界保健機関(WHO)によると、3つの最も進んだプロジェクトは次のとおりです。フェーズ2b / 3にあるアストラゼネカと一緒にオックスフォード大学のプロジェクト、北京バイオテクノロジー研究所およびCanSino Biological Inc.のフェーズ2と米国企業Moderna / NIAIDのフェーズ2も同様です。このドキュメントでは、10の開発がフェーズ1と2にあることを明記しています。

一方、ファイナンスとジョンソン&ジョンソンは、2020年の終わりから2021年の前半までに世界規模での生産が可能になると定義されており、最も国際的な支援を受けているファイザーとジョンソン&ジョンソンの2つのプロジェクトです。

Infobaeフォント

広告



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です