アルジェリア南部で記録された「輸入」マラリアの1000例以上 (アルジェリア)


アルジェリア南部の5つのウィラヤで1,000件以上の「輸入された」マラリアが記録されたと保健省は火曜日(9月29日)に発表し、状況は制御されていると述べた。

同じ情報源によると、918例で、タマンラセットのウィラヤが最も影響を受けており、次にアドラ(96例)、イリジ(89例)、ウアルグラ(5例)、ガルダイアが2例である。

2019年5月に世界保健機関によってマラリアフリーと認定されたアルジェリアは、 「まだ輸入マラリアの問題に直面している」、プレスリリースで省を説明し、それを追加します 「毎年のように、最初の雨の後の9月に、主に近隣のサヘリア諸国またはこれらの国に滞在したアルジェリア人からの輸入マラリア症例が急増しています。 「」

Abderrahmane Benbouzidの部門は、 「すべての症例は、国の治療ガイドラインに従って病院構造のレベルで治療されました。 「」

2019年5月、世界保健機関は、アルジェリアがその領土でマラリアを撲滅したと認定されたと発表しました。

この証明書は、3年連続で病気の先住民の伝染を妨害したことを証明できるときに国に発行されます。

マラリアとして知られているマラリアは、潜在的に致命的な病気です。蚊に刺されて感染し、推定2億1900万人が影響を受け、2017年には世界中で40万人以上が死亡しました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です