アルジェリア人は海外で立ち往生:第3段階の開始前に9,500人以上の帰還者 (アルジェリア)


外務省は日曜日に、Covid-19の大流行のために海外に立ち往生したアルジェリア人のための2回目の本国送還作戦により、9,536人の市民が7月20日から7月30日までに帰国することを認めた。

帰還は32カ国から行われ、42便と2回の海を渡った。 7月27日に停止した前回の報告では、同じ当局者が7月29日水曜日に8511がアルジェリア人を送還したと報告しました。

7月28日、フランスから366人の市民(モンペリエから2便、パリから1便)、イギリスから303人、ウクライナから102人が帰還した。 29日、フランスに足止めされた458人のアルジェリア人が、マルセイユから2便、リヨンからもう1便、帰国することができました。

最後に、7月30日、モスクワ(ロシア)から129人、ドーハ(カタール)から203人、ワシントン(米国)から235人が帰還しました。

同じ情報筋によると、その他の窃盗は7月31日に行われたが、関係者の数は明記されていなかった。実際に本国に送還された人数と発表されたプログラムで計画された人数との違いは、MAEは、最後に国に戻るのをあきらめる人もいれば、ポイントに到達できない人もいることで説明しています。結集。

MAEは、8月5日に始まる作戦の第3フェーズに加えて、チュニジアで立ち往生しているアルジェリア市民および他の目的地からこの国に到着した人々が、8月3日月曜日から本国に送還されることを示しました。両国の国境を越え、チュニジア国民とアルジェリアに居住する外国人。手術は500人に影響します。

先週の水曜日、同じ当局は、4番目の主要国際空港(パリ、ドーハ、イスタンブール、ドバイ)からの9便を含む13便が8月4〜9日にEidの後に計画されていると発表しました。 。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です