アルジェリア人の本国送還:イードの後に​​開始された新しい作戦 (アルジェリア)


外務省は7月30日木曜日に、コロナウイルスのためにアルジェリア人のための3回目の本国送還作戦が8月4日から9日までエイドエルアドハの後に予定されており、13回の飛行が計画されていると外務省は発表した。 。これらのフライトの9つは、4つの主要国際空港から離陸します。

ドバイからは、8月4日と7日に2回のフライトが予定されており、エミレーツで足止めされたアルジェリア人、およびエミレーツのチケットを保持し、韓国、バングラデシュ、中国、ベトナムから帰国するアルジェリア人を帰国させることを目的としています。タイ、オーストラリア、マダガスカル、ケニア。

イスタンブール空港からも3便が予定されています。最初の8月5日は、トルコで取り残されたアルジェリア人、およびトルコ航空のチケットを持ちキプロスとアゼルバイジャンの北部で取り残された人々のために予約されます。

8月6日の別のフライトは、トルコで足止めされたアルジェリア国民専用で、8月9日はトルコで足止めされた残りのアルジェリア人、およびベトナム、タイ、マダガスカル、パキスタンから帰国したトルコ人チケットを保有する人専用です。航空会社。このフライトは、ベイルート空港に停車し、レバノンとシリアで立ち往生しているアルジェリア人をピックアップします。

8月8日、ドーハ空港からのフライトが予定されており、カタールで立ち往生しているアルジェリア人の輸送、およびカタール航空のチケットを保有し、韓国、バングラデシュ、パキスタン、日本、タイ、マダガスカル、ケニアとタンザニア。

最後に、8月4、5、9日にパリから3つのフライトが予定されており、フランスに足止めされたアルジェリア国民と、エールフランスのチケットを保有し、ブラジル、キューバ、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、コンゴから帰国する人々を本国に送還します民主主義といくつかのアフリカの国。

外務省によると、7月28日火曜日の時点で、7月30日木曜日に終了する月の20日に開始された本国送還作戦の一環として、海外に取り残された8,511人のアルジェリア人が本国に送還されました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です