アルジェリアのコロナウイルス:新たに7人が死亡、汚染が増加 (アルジェリア)


6月22日月曜日の日報によると、アルジェリアはCovid-19による過去24時間の新たな7人の死亡を記録し、流行開始以来の合計死者数は852人に達しています。

死亡はセティーフ(2)、マスカラ、バトナ、アンナバ、ベジャイア、ジェルファで記録されたと、コロナウイルスの流行を監視する科学委員会の広報担当者、ジャメル・フーラー教授は述べ、結果を発表した今週月曜日。

汚染については、過去24時間に149件の新しい症例が確認され(前日は140件、土曜日は127件)、アルジェリアでの大流行以降、合計で11,920件が陽性となっています。

治療法については、新たに137症例増加し、合計8,559人に達しましたが、39人の患者が集中治療を受けています(41日前)。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です