アルジェリアのコロナウイルス:一般に非公開のフランス領事館 (アルジェリア)


アンナバとコンスタンティヌスのフランス総領事館は、アルジェリアがCovid-19の発生に直面している間にコロナウイルスの症例が内部で検出された後、再び完全に一般公開されません。 7月28日までは、再開しないでください。

「Covid-19の危機と総領事館の従業員の間での事件の発見のため、それは7月14日から一般に非公開にされました」ビザ提供者TLScontactは声明で述べました。 「そのような状況に直面して課された14の措置は、特に明記しない限り、7月28日に再開するように計画されている」と同じ情報源は付け加えた。

TLScontactは、7月15日水曜日に、アナバとオランのセンターの閉鎖を発表しました。

また、7月16日より前に提出されたすべてのビザ申請は、「総領事館によってできるだけ早く処理されます」とプロバイダーを安心させます。

「7月19日から28日の間に予約があった人は、TLScontactによって新しい予約が提供されます。 6月28日以降ビザを申請し、総領事館がファイルを検査した人は、TLScontactからパスポートが送られるか、センターの再開を待つことができます。これは、7月の終わりに行われます(必要な状況を除く)クロージャの維持)」、TLSを指定します。

「この発表がニュースに掲載されている限り、活動の段階的な再開に関するこれまでの発表はすべて無効であると見なす必要があります」とプレスリリースは結論付けています。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です