アルジェリアでのコビッドとの戦い:「私たちはますますクロロキンの使用を減らしています」 (アルジェリア)


アルジェリアは、10月末からCovid-19件の急増に直面しています。毎日の汚染の犠牲者数はほぼ3倍になり、800件の基準を超え、今週の金曜日に867件の新しい記録が記録されました。

この再発は、死亡者数の増加を伴います:今週の金曜日に嘆かわしい14人の死亡(+867例)、昨日木曜日に18人の死亡(+851人の新規症例)、水曜日に16人の死亡(+811人の新規症例)、15人の死亡(+ 753件の新規確認症例)11月10日火曜日、14件の死亡11月9日月曜日(+642件の新規症例)および12件の死亡(+ 670件の新規確認症例)11月8日日曜日。

「」 相関関係があります:症例数が増えると、より多くの死者が出ます。汚染されたケースに応じて死亡者数があります “、アルジェの高さでCHUBéniMessousの空気生理学サービスの責任者であるNoureddineZidouni教授をTSAに説明します。

しかし、国が200から300のケースを記録した一方で、死亡者数は10ケースを超えなかったため、これは常に当てはまるとは限りませんでした。 「」 通知が改善された可能性があります “、特定の専門家の主張に反して、ウイルスの毒性が低下していないことを証明するZidouni教授を推定します。

「」 深刻な形態と深刻な形態があり、ウイルスは変化と突然変異を受けていますが、それは同じウイルスであり、その毒性は低下していません。これは第二の波ではありません。私たちはよく制御されていない同じ波にいます 「、肺科医を前進させます。

Zidouni教授は、流行の進行の主な原因として、密室でのすべてのタイプのグループ化を指摘しています。 「」 レファレンダムキャンペーン(レファレンダム1)の政治団体の問題だけではありません。er 昨年11月)。お祝い、文化、政治を問わず、すべての集まりがポジティブなケースの数の急増の主な原因となっています。その上、ウイルスはその毒性を失っておらず、(流行の開始以来)私たちが今までに経験したことのない853件(木曜日)になってしまいます。 “、嘆く私たちの対話者を主張します” 拒否 »状況の危険性に直面している人々によって示されています。

「私たちはクロロキンをますます使用していません」

Zidouni教授は、科学界の意見に説得力のある結果をもたらしたクロロキンベースの治療の使用から一歩後退したことを後悔しています。 「」 私たちはますますクロロキンを使用していません、それは指摘されるべきです 「病院にアクセスできない患者がこの抗マラリア薬を利用できるようにすることを懇願するサンダース教授ジドウニ。

「」 はい、アジスロマイシンを投与しますが、これはマイナーな抗ウイルス剤であり、ほとんどが抗炎症剤です。抗ウイルス活性はより大きく、ヒドロキシクロロキンに関連しています »、彼は付け加えます。 「」 一部の病院では(クロロキン)を配布していないようです。抗生物質は、まるで抗ウイルス活性を持っているかのように与えられます »、Zidouni教授を嘆きます。

ブリダ大学病院の集中治療室の責任者であるアブデラザック・ブアムラ教授も、カメル・センハジ教授の発言と矛盾して、Covid-19がその毒性を失ったという証拠はないという意見です。 大統領 国民の健康の安全。

「私たちは、厳しい形態のためにクロロキンを保管しました」

Bouamra教授は、Covid-19患者の治療におけるクロロキンの使用で記録された減少を確認し、良い結果をもたらしている他の薬があることを説明しています。

「」 厳しい形態のためにクロロキンを保管しました 「アルジェリアによる流行の開始以来採用され、アジスロマイシン+ヒドロキシクロロキンの組み合わせに基づく治療プロトコルは、」によって説明されたと彼は付け加えた。 緊急事態 ” 現時点では。

「」 クロロキンは、患者、特に重症の患者に良い結果をもたらしました “、ブアムラ教授は、治療がない場合、他の国で成果を上げている予防策を尊重しなければならないと強調している。汚染曲線を曲げるのはこの条件だけです、と私たちの対話者は付け加えます。ジドウニ教授はまた、バリア対策とそれを現場で具体的に適用する義務を主張している。

アルジェリア当局によって何度も宣伝されてきたクロロキンの使用の減少は、フランスと同様に起こり、この薬物の主要な促進者の1人であるディディエ・ラウルト教授が訴えられています医師会によるcharlatanismのために。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です