アムステルダムはより多様な役人のための選好政策を実施します (オランダ)


  • ビジネス
  • アムステルダムはより多様な役人のための選好政策を実施します

    アムステルダムの管理職を占める文化的に多様な公務員が少なすぎるため、GroenLinksのアルダーマンであるトゥリアメリアーニは、アムステルダム市議会への手紙に書いています。そのため市は、労働力の多様性を高めるためにいわゆる選好政策を実施することを決定したとNOSは報告しています。

    アムステルダムは、取締役会レベルの役員の30%が現在の約2倍の多様なバックグラウンドを持つことを目指しています。現在アムステルダムにいる58人の取締役のうち、民族的に多様なのは2人だけです。 「そしてそれは少なすぎると思います」とメリアニは書いた。彼女はまた、35歳未満のアムステルダム従業員の多様性を高めたいと考えています。

    「人々は彼らのように見える誰かを雇うのがもっと早いので、それを打ち破りたい」とメリアニは言った。アルダーマンによれば、包括的で多様な組織は、より良い政策、アムステルダムの住民とのより良い接触、そしてより平等な機会につながるでしょう。

    Meliani氏はまた、代表的な労働力を構築する計画は、多様な従業員の採用にとどまらず、雇用された後も継続する必要があると付け加えました。

    Het Paroolによれば、アムステルダムも20年前に選好政策を実施しましたが、市議会は効果がなかったため1997年にそれを棄却しました。

  • アムステルダム
  • 選好政策
  • トゥリアメリアーニ


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です