アフガニスタン:ウォッチドッグが崇拝地への17回の攻撃を記録 (アフガニスタン)


アフガニスタン独立人権委員会は、170人が命を落とした過去9か月間に、崇拝者、モスクのイマーム、および崇拝者に対する17件の標的型および自殺攻撃を記録しました。

同委員会によると、4人の子供も攻撃で殺された。ウォッチドッグの報告は、組織がタリバン、Daesh、および未知の武装した男たちを非難したこれらの攻撃で272人が負傷したことを示しています。

レポートは、2019年10月17日から2020年7月13日までのデータをカバーしています。

この報告書は、カブールの2つのモスク、カブールとジャララバードのシーク教寺院への攻撃と、タカール、パルワン、ラグマン、パクティア、ヘルマンドの各州の宗教学者への攻撃に言及しています。

「国際人権に基づくと、民間人に対するいかなる攻撃も戦争犯罪である」と委員会のメディア事務所の責任者であるザビフラ・ファーハンは言った。

報告によると、先月、タリバンは、地元警察の司令官の葬儀の罪で、バグラン州ダハナエゴリ地区のコナマスジド村にあるモスクのイマームであるShaikh Hussainを拷問および殺害した。

「タリバンが望めば、テログループはアフガニスタンで活動することができないだろう」と国会議員のアブドゥル・サタール・フセニーニは言った。

タリバンはこれまでのところこの報告についてコメントしていない。

委員会はアフガニスタン政府に国内の宗教的場所を保護し、そのような事件の加害者に説明責任を負わせることを要求した。



この記事は外部ニュースサイト( tolonews.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です