アフガニスタン内交渉の開催を提案された12か国:Atmar (アフガニスタン)


木曜日の記者会見でモハマドハニーフアトマー外相代理が、地域諸国を含む12か国がアフガニスタン内協議の開催を望んでいると述べた。

アトマール氏は、トルクメニスタン、カザフスタン、中国、ロシア、トルコ、イラン、カタール、インドネシア、日本はすべて、アフガニスタン内協議の開催に関心を示していると語った。

アトマールはまた、アフガニスタン政府はこれまでに4,400人のタリバンの囚人を釈放したが、タリバンは5,000人の釈放を望んでいると述べた。彼は、「深刻な問題」のため、600人以上の囚人が釈放されなかったと述べた。

しかし、600人以上のタリバンの囚人が間もなく解放されるだろうと彼は言った。

「政府はタリバンに600人以上の囚人のための新しいリストを引き渡すように要請した」とAtmarは言った。

タリバンはアフガニスタン内協議の開始に「善意を示さなければならない」と彼は付け加えた。

水曜日に、タリバンはヘルマンドで30人のアフガニスタン政府の囚人を釈放し、情報筋はグループが彼らの一部の釈放に抵抗したと述べた。

アフガニスタン政府はバグラムから32人、ヘルマンドから7人、北部バルフ州から1人のタリバン人の囚人を釈放した、と情報筋は述べた。

これまでのところ、タリバンは845人のアフガニスタン政府の囚人を解放しました。

ドーハで2月28日に署名された米タリバン協定は、暴力の削減やアフガニスタン内交渉など、合意の135日後に発生するはずのいくつかの部分で実施されなかった。アフガニスタン内協議は始まっておらず、暴力も削減されていない。

月曜日は和平協定が調印されてから136日目でした。協定は、アフガニスタンの人々と、それが国を交渉に導くと信じていた政治エリートの間で希望をもたらしましたが、その署名以来、深刻な遅延と挫折が起こりました。

最近、アフガニスタン政府はタリバンの約束を履行しなかったとして非難し、グループによる運動は和平協定の後に精査されるべきであると述べた。

アフガニスタン政府とタリバンの間の囚人の交換は、アフガニスタン内交渉を遅らせました。米国とタリバンの合意によると、このプロセスは和平協定の10日後に行われるべきでした。

米国防総省のスポークスマン、ジョナサン・ホフマンは火曜日の声明で、2月にタリバンとの合意の一部として米軍が5つの軍事基地から撤退し、アフガニスタンでの部隊の規模を縮小したと語った。

「アフガニスタンの米軍は8,000人半ばに留まり、かつて米軍が占領していた5つの基地がアフガニスタンのパートナーに移された」とホフマンは言った。

Resolute Supportミッションによると、NATOは、Resolute Supportミッションのもとで約12,000人の部隊を擁し、これには、8,600人の全米軍の一部が含まれます。



この記事は外部ニュースサイト( tolonews.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です