アダム市長、2回目の「部分的封鎖」が迫っているのではないかと懸念 (オランダ)


  • 政治
  • トップストーリー
  • アダム市長、2回目の「部分的封鎖」が迫っているのではないかと懸念

    アムステルダム市長のフェムケハルセマ氏は、コロナウイルス感染の急増により、市内で2回目の「部分的な封鎖」が行われることを懸念しています。 「アムステルダムは最初の封鎖からすでに信じられないほどの打撃を受けました。経済的損失、失業の増加、そして多くの人々の間の巨大な不確実性」とハルセマはNU.nlとのインタビューで言った。

    アムステルダム市長は、「それを繰り返したくないので、このような方策を模索している」と述べ、アムステルダムとロッテルダムの一部でフェイスマスクが義務付けられていると述べた。彼女はまた、マスクを着用するのが好きではない、と彼女は言った。 「確かにそうではありませんが、もっと根本的な対策に戻らなくても、人々の行動に影響を与えることができる方法を探しています。」

    ハルセマ氏は、マスクを着用することで、コロナウイルスがまだ存在していることを人々に思い出させることを期待しています。 「多くの人が忘れたばかりだと思うので。ヨーロッパの至る所で人が忘れているのを目にします。どうやら、病気になる毎日の気づきは維持するのが容易ではないようです。」彼女は水曜日のマスク着用義務の導入に満足しました。 「私は失望していません。大多数の人々はマスクを着用しています。」

    彼女は、感染症の数が増加し続ける場合、より多くの対策が講じられると信じていますが、これらの対策が何であるかについては推測しません。同氏はまた、「内閣は統制されている。危機が再び発生し、より深刻な対策を講じなければならない場合は、内閣に従って実施される。

  • アムステルダム
  • 封鎖
  • フェイスマスク


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です