お金は、関心のないサッドラーハルの自治体の「コレヘム」エリアの掘り抜き井戸で無駄にされました! (アルジェリア)



Rahal Dam自治体の「Colihem」自治体では、「Lyansi」という会社が2014年の初めに深度1,800メートルの掘り抜き井戸を掘削し、工事は2016年に完了しましたが、その水はまだ使用されていません…!

問題の会社は、その地域が農業的に恵まれているという事実にもかかわらず、忠実な人々が遠くから水タンクを購入し、彼らの親族に負担をかけたこと、そして会社が井戸のための警備員を任命したことは言うまでもなく、井戸をそのまま残しました。

国庫と水の海から支払われたプロジェクトは、住民がこの重要な資材を切実に必要としている人々の特権で農業と牧歌的な地域で無視され続けます:住民が尋ねる:この深い井戸を掘るためにどれだけのお金が費やされましたか?なぜこれはよく掘られたのですか国の最高の当局に、このアルテシアン井戸の調査を開始し、農民や忠誠者のためにサービスを迅速に実施するよう要請する。

<!-->

<!- ->



この記事は外部ニュースサイト( www.djelfa.info )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です