「私たちは本当に人種差別を根絶する必要があります」:差別の話の後のルッテ (オランダ)


  • 政治
  • 「私たちは本当に人種差別を根絶する必要があります」:差別の話の後のルッテ

    オランダの首相は、マークルッテ首相と人種差別に反対する運動家たちとの会談は活発で前向きな話し合いであると語った。会議には、ラップミュージシャンで政治家のギデオンエバードゥイム、テレビの司会者であるソーシャデュイスカー、学生のシャネルサンボとクセニアウェバー、および内閣大臣フェルディナンドグラッパーハウスが出席しました。

    「あなたがオランダでしばらく目撃したのは、ジョージフロイドの恐ろしい死が非常に興奮したことです。これは、私たちが言うところの何かを引き起こします:人種差別を根絶する必要がある」とルッテは公邸の外で言った。彼はまた、人種差別に取り組む政府の努力が不十分であると付け加えた。 「一方で、この毒と闘うために社会として何ができるのか、そして同時にこの社会で成功するために人々が可能な限り準備ができていることを保証することができますか?」

    イベント後のエバードゥイン氏は、この話題の感情的な側面のため、会話は激しく、いつもスムーズではなかったと語った。 「首相は人種差別は頭の中にあるものであると考えたので、それをシステム内にあるものであり、誤った教育が最も重要であることを彼に明確にしなければならなかった」と彼は言った、新聞ADによると。 「首相にリーダーシップの時であり、人種差別と差別には大きな違いがあると私は言った。」

    放送局のNOSによると、「ここで終わらないことが非常に重要である会話に満足している。これについて何かをするための具体的なアプローチが本当に必要である」とデュイスカーは言った。

    ルッテは午後の会議を「特別で刺激的なもの」と呼びました。この日の議論には、キックアウトズワルテピエト(KOZP)の活動家が著名に欠席しており、その多くが今月オランダで行われた大規模な黒人生活問題(BLM)抗議活動の主な責任者でした。

    政府情報サービスは火曜日に、人種差別についての会話がどのように最もよく行われることができるかについて議論するために何週間かのBlack Lives Matterの抗議の後でRutteが人々と会ったと発​​表しました。しかし、Black Lives Matter Netherlands連合のグループの1つであるKwar Out Zwarte Pietは、連合の誰も会議への招待を受け取っていないと述べた。

    水曜日の講演には「たぶん」招待するべきだったと彼は認めたが、ルッテ氏はまた、今日は「とにかく政府と接触している」組織と話すことは意図されていなかったとも述べた。彼は後日、KOZPとBLMの両方の代表と一緒に座りたいと述べた。

    「オランダのBlack Lives Matter連合は正式に組織されたアクショングループではなく、オランダの人種差別と戦うさまざまなグループ、政党、個人の連合です。連合もKOZPも会議に招待されていません。」反人種差別活動家は火曜日の夜に言った。 「したがって、ルッテがこの連合の代表者たちと話していることをさまざまなメディアが報道したことに驚いた」

    「会話の構造と首相の招待政策は共に、これは、具体的には制度上のアリの反黒人種差別と闘うための誠実な会話よりも、PRスタントについてであるという強い印象を与えます。BlackLives Matterデモの主催者は、この会話への招待は受けていない」と述べた。

    この会議は、国中での人種差別と警察の残虐行為に対する3週間の抗議行動の後に召集され、サッカーの解説者ヨハンデルクセンは、ブラックフェイスズワルテピエトと反人種差別活動家のアクワシに関して内部のヴェロニカでの「冗談」で騒動を引き起こした。サッカーショーの周りにさまざまな広告主が注目を集めており、人種差別主義者の発言に反対してサッカーチームやプレーヤーも声を上げていましたが、デルクセンは謝罪を拒否しました。

  • マーク・ルテ
  • ブラックライフマター
  • ズワルテピエト


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    Besnik Mustafaj:選挙制度改革は結果をもたらさず、大使はEdi Ramaを保護しようとします 「ニュース24」の「意見」セクションに招待されたベスニックムスタファジ前外相は、選挙制度改革は最終段階にあると述べた。彼はまた、大使はエディ・ラマ首相の立場をより強く握っていると付け加えた。 「これは私の意見では最終段階です。なぜなら… (アルバニア)

    Besnik Mustafaj:選挙制度改革は結果…

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です