「私たちの要求は男の子を連れて行くことではありません。」アカルカラキで殺された若者の村での抗議行動(写真) (アルメニア)


https://www.youtube.com/watch?v=DozkKl_5srU:

今日、8月16日、グルジアのアカルカラキ地方にあるアルメニア人の住む村、クルカムで抗議行動が行われた。悲惨な事件の場合、村人たちは数日前に村の若者を捜査部門に召喚したことについて不平を言っていた。

悲劇的な事件の犠牲者はアルメニア人が住む村のクリカムから来たことに注意すべきです。

クリカムの住民は村の中心部に集まり、悲しみのもとに放置され、村全体で尋問を受ける準備ができていることを要求しました。

村から約40人の若者が尋問のために召喚されたことに注意すべきです。

「私の要求は男の子が連れ去られないことです。私の息子は亡くなりました、他の誰かの息子がその過程で苦しんでいるなら、私の人生は他の意味を持ちません!私は何も起こらなかったと考えます、私は私の息子を犠牲にしたと考えます。私たちは復讐したり、敵意を示すつもりはありません。私たちが集まったのは、村の少年たちが私の息子の死のために尋問されないようにするためです。彼らは何もせず、一人にされます。 「少年がアハルツィヘに連れて行かれて投獄された場合、私は街の中心部で火傷を負うことになると警察に伝えた」と故ミャンヤン王の父親であるアルセンミラニヤンは言った。

クリカムの住民は警察に、若者に尋問することを許可しないか、村全体を巡る準備ができていると語った。

8月8日の午後7時頃に、クリカム村の居住者である27歳のミラニヤ人がアカルカラキの中心部で激しい議論の最中に射殺され、その後暴動がアカルカラキで勃発したことを思い出してください。クリカムの人々は、射手の家、アーサー・ガブリエリアンの家、父の家とホテル、カレン・コシアンとゼナ・ザルマリヤの家に火を放ちました。特殊部隊と警察ユニットがその場で動員された。

アーサー・ガブリエリアンは殺人に関連して逮捕されました、殺人と暴動の調査は続いています。

ATV12によるビデオ。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です