「私たちが生きているかどうか誰も尋ねません。」フーシ・ミローティの市民:私はテントに9か月住んでいますが、子供たちは病気です。私たちは国家がないということを神の御手に委ねています! (アルバニア)


地震はフシェ・ミロットの住民にとって次の災害だったので、彼らは今捨てられなければなりません。民主党の青年フォーラム、ベリンド・コリチの会長は、非常に困難な経済状況ではあるが、誰も彼に解決策を与えていないと言っているヴィクトル・グジョーニの破壊されたアパートにいた。 […]

「私たちが生きているかどうか誰も尋ねない」という投稿。フーシ・ミローティの市民:私はテントに9か月住んでいますが、子供たちは病気です。私たちは国家がないということを神の御手に委ねています! Balkanweb.com-News24に最初に掲載されました。





この記事は外部ニュースサイト( www.balkanweb.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です