「狂気になってください…」:フランスの人種差別の犠牲者2人の市長 (アルジェリア)


「ここから地獄を出してください… 」フランス南東部のリヨンの大都市、ジボールのコミューンの市長であるモハメドブジェレバは、人種差別的な発言がいっぱいの手紙を受け取りました。

マグレビアン出身のモハメドブジェラバ氏は、昨年6月にこのコミューンの首相に選出され、4ページの「 中傷、人種差別、脅迫 」彼が受け取った手紙をソーシャルメディアのツイッターに投稿したのは彼だった。

彼は独り言を言った」 ショックを受けた »そして、申し立てを行うことを決定したと主張します。北アフリカ出身の選出された役人に対するこの人種差別的な攻撃は、特異なケースではありません。また、リヨンでは、フランスのこの大都市の1区の市長であるヤスミナブアッガも人種差別的攻撃の標的でした。 市長であるファットマ

リヨンのヴィルールバンヌモスクの学長、アゼディーンガチは、「 信じられないほどの人種差別 ギバーズ市長に対して。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です