「消防士は給料を受け取る必要があります」とボランティア消防団の宣教師連盟の会長は言いました (アルゼンチン)


社会レベルで最も認識されている活動の1つは、消防士の活動です。 賃金を受け取らず、他の仕事でその収入を求めなければならない人それにもかかわらず、何百人もの少年が将来の消防士として訓練するために学校に入学します。の社長 ボランティア消防士の宣教師連盟、Waldemar Laumannは、彼らが実行する活動と、彼らの仕事に報酬を与える必要性について話しました。


WaldemarLaumann-ミッションの聖マリア


彼らが持っている特徴の中には、ローマンによれば、消防士の99%が彼らのコミュニティに属しており、彼らと一般市民の間には相互関係があるということです。これは関係を強化する傾向があります。

「私の見解では、消防士は財政援助を受ける必要があります。なぜなら、ボランティアであり、会社で空白の人々は、仕事で現在を失うために欠席することはできないからです。ですから、これらの人々は、パンを家に持ち帰るのをやめたために仕事のスケジュールを失うかどうかを考える必要があります。彼らの側では、正社員を持たない人々は、インセンティブとして兵舎で1日6〜7時間支払われる必要があります」とLaumannは説明しました。

さらに、連邦大統領は、干ばつの間に発生する火災のために、最近、国のさまざまな地域が彼らの存在を信頼できるようにする必要があることを強調しました。ボランティアの消防士が私たちの国の別の場所で彼のサービスを提供する決定をすることは非常に困難です。これは彼が給料を受け取る彼の固定された仕事を欠席することに対応するからです。

ボランティアの消防士として登録したい人のために、彼は士官候補生と志願者のためにモンテカルロで登録が開かれていると言いました、後者のカテゴリーのために彼らは18歳以上でなければなりません。大変な労力と困難な状況にもかかわらず、彼は次のように述べています。「登録し、フォームに記入し、士官候補生学校やトレーニングアカデミーに参加して後でできるようになる人の数は信じられないほどです。消防士になるために試験を受けてください」。

ZF-A



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です