「弱い妥協」はない、オランダの首相はコロナウイルス援助に関するEU首脳会談に先立って言う (オランダ)


  • 政治
  • 「弱い妥協」はない、オランダの首相はコロナウイルス援助に関するEU首脳会談に先立って言う

    欧州連合の指導者たちは今週末ブリュッセルに集まり、コロナウイルスの大流行の影響を受けた経済のための7500億ユーロの回復基金について話し合っています。オランダは、イタリアやスペインなどの国々が経済改革に確約している場合にのみ、助成金を提供する用意があります。 NOSは、マーク・ルッテ首相は今週末にどんな決定が下されるだろうと楽観的ではなく、「弱い妥協」は誰の助けにもならないと述べた。

    「今週末、合意に達する可能性は50%未満であると推定している」と、サミットの前にルッテ氏は語った。 「コンテンツは最終的にスピードよりも重要です。弱い妥協はヨーロッパを前進させません。」

    オランダは、オーストリア、デンマーク、スウェーデンとともに、回復基金を使用して、苦戦している経済に徹底的な改革を実施することを望んでいます。過去数か月にわたってコロナウイルスの援助についての彼の厳しいスタンスに関してイタリアと頻繁に衝突したルッテは、サミットが始まる前にフランス大統領と他の「質素な」国と会談している。

    オランダ首相は、「改革が打ち出された場合のみ、助成金に同意する」と述べた。ルッテによると、他の指導者たちは彼らに同意し始めていますが、彼は今週末に合意に達すると「楽観的」ではありません。

    彼はこれを乗り越えて合意に達したいのだと強調した。 「それは不安定な世界であり、その世界では安定したヨーロッパが必要です」と彼は言った。また、国内市場を迅速に立ち上げ、再稼働させることはオランダの利益になると付け加えました。

  • マーク・ルテ
  • 景気回復基金
  • イタリア
  • EUサミット


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です