「フラパラク」アルメンネルシシアンは部門に連れて行かれて「逃げた」 (アルメニア)


「Hraparak」新聞が書いている。 「知られているように、緊急事態の状態で、ツァルキヤンを擁護するために国会の前で会議が開かれたという事実に関して刑事事件が始まった。そして、その集まりは、PAPサークルと「Arinjモール」の管理によって組織されました。

政府のマスコミにもこれに関する出版物がありました。 「Arinj Mall」の次長であるArmen Nersisyanが間違いなくこの事件の枠組みの中で呼び出されるだろうという疑いがありました。昨日連絡を取ったところ、同じであることがわかりました。 Armen Nersisyanは主催者について証言するために昨夜呼び出されましたが、彼は拒否しました。

「私は刑事訴訟法に基づく私の権利であるため、証言を拒否し、その憲法上の権利を行使しました。しかし、最終的に私は第1学位の障害者であるため、視力に深刻な問題があることを書きました。その上、組織化されたこと、他の人が挑発されたこと、他に何もないことを聞いたことがありません。

「私はアラバキ警察に連れられて、そこで証言をしました。昨日は体調が悪くて行けなかったし、健康に問題があった。」

そして、彼がそれを説明したように、「彼らは彼を地面に投げ、よく彼を踏みにじった」ので、彼の状態は悪かった。 Armen Nersisyanは、騒動が始まったとき、彼はジャーナリストを保護しようとしたと言った。 「小さな女の子がいます、ビデオを見てください、そうでしょう、はい、多分それはアニです、彼らは彼女を地面に投げました、私は私の手を投げ、彼女を引っ張って、その女の子を連れ出しました。それから彼らは来て、「さあ、男の子、男の子」と言って、多かれ少なかれ言葉を言い始めました、そして私は「あなたは私に話す権利がなく、あなたは正しい」と言いました。そこから彼らは叫びました、私は叫びました、彼らは私を引きずり、彼らは私を連れて行き、彼らは私を地面に置いて「走り回り」始めました。

彼らはそれをうまく踏みにじりました、彼らは良い努力を破りました、しかし何もnothing私は強い少年です。アパラン出身の少年には何も悪いことはありません」とArmen Nersisyanは言いました。

彼らは集会の主催者の名前を強要して、何かを言うように指示しようとしたのでしょうか? Armen Nersisyanによると、いいえ、彼らは彼から名前を聞きたかったのです。彼はまた、誰も何も組織せず、人々は散歩に出かけ、それから彼らは人々に対して暴力を使ったと言いました。」

もっと 詳細: 新聞 今日の



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です