「ビザの権利は人権です」が、オーストラリアがそれらを忘れたと言う難民もいます (オーストラリア)


夜明けに起きて毎日20km走るのは、多くの人を危機に瀕させるでしょうが、ザキ・ハイダリにとって、2012年にオーストラリアに到着して以来の彼の厳しい保護キャンペーンと比較すると、それは見劣りする挑戦です。

彼はアフガニスタンで生まれ、ハザラ民族グループのメンバーであり、17歳で逃亡を余儀なくされ、ボートでオーストラリアに密輸されました。

タスマニアでしばらく拘留された後、ザキは8年前に一時保護ビザ(TPV)が与えられるまで、働く権利や正式な教育を受ける権利のないブリッジビザでコミュニティに解放されました。

Zakiが現在使用しているTPVまたはSafeHaven Enterpriseビザ(SHEV)の人々は、オーストラリアの保護がまだ必要であることを証明することにより、3〜5年ごとに再申請する必要があります。このプロセスにより、逃げたトラウマを追体験することができます。

来年、ザキの5年間のビザは失効し、ボートで到着したために恒久的な保護ビザを利用できず、別のビザが付与されることを望んでいます。

その間、彼はビザの毎年500 km(100 km)を走っており、一時的なビザ保有者に対する移民制度の影響、それが人々の生活や将来にどのように影響するか、愛する人からどのように離れているかについての一般の認識を高めています。彼らが何度も何度も再適用しなければならない方法。

Zaki Haidariは、2012年にアフガニスタンからオーストラリアに到着しました。
ザキハイダリ

難民アドバイスおよびケースワークサービス(RACS)の大使であるザキは、オーストラリアで亡命を求める人々に法律サービスを提供するために、人権デーを記念する木曜日に2万ドルの資金調達目標を達成しました。

「私の体はそれが多すぎると言っていますが、資金調達は本当にうまくいっていて、それは私を続けています」と彼はSBSニュースに語った。

オーストラリア人権委員会(AHRC)が今週の#HumanRightsHeroesキャンペーンのファイナリスト10人の一人に彼を指名したのは、ザキの肉体的努力、資金調達、難民と亡命希望者の権利に対する長年の支持です。

このキャンペーンは、オーストラリアで人権に最も前向きで刺激的な貢献をしている人々を表彰することを目的としています。

世界人権デーは、1948年12月10日に世界人権宣言が国連総会で採択されたことを記念して毎年世界中で開催されています。このドキュメントは、すべての人間が権利を有する権利を宣言しており、500以上の言語で利用可能であり、世界で最も翻訳されたドキュメントであり続けています。

ザキ氏は、彼の擁護活動がAHRCによって認められたことを「光栄に思い、感謝している」と語った。しかし、彼にとって、世界人権デーは、彼が毎日鋭く認識していることに気づきます。彼は、オーストラリアや世界中の他の難民や亡命希望者と並んで、基本的人権とは言えない世界で苦しんでいます。


0:00

「私は26歳で、これが私の人生で最高の時期だと思います。私は自分の将来を計画することができ、普通の市民のように5年から10年でどこにいることができるかを考えることができます」と彼は言いました。

「しかし、私にはそのような希望はありません。ビザがなくなると、アフガニスタンに強制送還されるかどうかわからないので、夢はありません。もしそうなら、それが私にとってのことだと思います。 。

「正式な教育を受け、フルタイムの雇用を受けることは誰にとっても正しいことだと思います。

「TPVで難民から連れ去られた安全な環境で家族と一緒に暮らすのは贅沢です。」

続きを読む
シドニーの自宅にいるシャンテルとアイラ・ムサド

難民はオーストラリアにうまく定住していますが、専門職市場への障壁は残っています

ザキは、多くの家族が一緒に時間を過ごすクリスマスの日に、彼のランニングキャンペーンを終了します。

「多くの難民は、そのような贅沢や特権を持っておらず、家族とその幸せやホリデーシーズンを共有していません」と彼は言いました。

家族全員がアフガニスタンにいるキャンベラで一人暮らしをしているザキは、孤独を経験している間、好きな友達や活動を見つけて生活が楽になったと言います。しかし、彼は家族がアフガニスタンにいることを「絶え間ない心配」と表現しています。

タリバンとアフガニスタン政府の間の和平交渉にもかかわらず、彼の故郷での暴力はここ数ヶ月で急増しました。米国はまた、来月、多数の軍隊を撤退させると予想されている。

「アフガニスタンは戦争地帯であり、彼らがどれだけ長く生き残らなければならないかはわかりません」とザキは彼の家族について語った。 「私の家族が住んでいる瞬間に何かが起こる可能性があります。それは本当に難しいです。」

TPVの申請者は、陸上の家族を申請に含めることができますが、ザキのようなTPVを保持している人は、家族を海外に連れてオーストラリアに参加する資格がありません。

「私たちはオーストラリアに8年間住んでいますが、平和な環境で私たちと一緒に暮らすために私たちの愛する人をここに連れてくる権利はありません。」

「二級市民」

ザキ氏は、アフガニスタンとオーストラリアの両方で、生涯「二級市民のように扱われている」と感じていると語った。

「アフガニスタンに戻ると、少数民族の出身であるため、私たちは迫害されたり、国の二級市民のように扱われたりしています。」

10年前、タリバンの原理主義イデオロギーが彼の故郷に絞首刑を課していたとき、教育の追求は致命的な野心になりました。ザキは、大学生である兄、そして国際部隊との協力で告発された父親を失った。彼がタリバンに加わることを拒否した場合、彼女の幼い息子の運命を恐れて、ザキの母親は彼女の十代の息子を海外に送ることに決めました。

英語力が限られていてお金がほとんどないザキは、クリスマス島に到着する前に人を密輸するボートに乗り込みました。

8年後、2つの卒業証書を取得した後、2015年にニューサウスウェールズ州政府の留学生賞を受賞し、現在はオーストラリア国立大学(ANU)でフルタイムで働いていますが、彼はまだ無国籍だと感じていると述べました。

「私はどの国の市民でもないように感じ、普通の一級市民の特権や権利を持っていません」と彼は言いました。

RACSのセンターディレクター兼主任弁護士であるサラデール。

RACSのセンターディレクター兼主任弁護士であるサラデール。
RACS

RACSのセンターディレクター兼主任弁護士であるサラデール氏は、ザキ氏は、2014年にアボット政府が下した判決であるボートで到着したためにオーストラリアに恒久的な保護を受ける資格がない数万人の例であると述べました。

「本質的に、私たちは難民条約と人権問題に直接違反している彼らの到着方法について人々を罰している」と彼女は言った。

「もし彼らが飛行機で到着したなら…彼らはこのような状況にはならないでしょう。彼らはオーストラリアに恒久的な保護ビザで滞在し、家族のスポンサーになり、市民権を得る資格があります。」

続きを読む
抗議者は「難民は大歓迎です」という看板を持っています

数百人の難民が、コミュニティの拘留をやめるように言われた後、「恐ろしい」状況にある

「オーストラリアには、第三国定住のために難民を受け入れてきた長い歴史があります」とオーストラリア議会は述べています。

「オーストラリアの保護を求めてボートでオーストラリアに来る人々は、オーストラリアの法律によって「違法な非市民」として分類されていますが、国際法の下で亡命を求める権利があり、入国方法について罰せられることはありません。」

しかし、内務省は、そのような人々がどれだけ長く滞在できるかについてしっかりと固執しています。

「政府の方針は明確である。オーストラリアへの違法な海上旅行を試みる者は、ここに恒久的に定住することはないだろう」とスポークスマンは10月にSBSニュースに語った。

「ビザの権利は人権です」

今年はオーストラリアの多くの難民や亡命希望者にとって特に困難であり、ワクチンが多くの人に見えている一方で、ザキのような人々にとっては不確実性が残っています。

ビザやステータスの決定を待っている人々は、COVID-19パンデミックの間、財政的支援を受けることができませんでした。

「ビザの権利は人権です」とデール氏は語った。

「人々はオーストラリアに亡命を求める権利があり、オーストラリアに保護と安全を求める権利があります。彼らは家族と再会して平和に暮らす権利があり、オーストラリアはそれを否定し続けています。」

続きを読む
クマラン*と彼の妻クラリ*は現在、政府のCOVID-19対策からの収入や支援を受けていません。

「非常に多くの人々が限界点にある」:オーストラリアの移民支援サービスは圧力の下で座屈している

TPVまたはSHEVビザをお持ちの方は、「オーストラリアに一時的に住み、働き、勉強することができます… [and] Jobactive、Medicare、Centrelinkサービスなどの政府サービスにアクセスする」と内務省はウェブサイトで述べています。

また、「必要に応じて、拷問やトラウマに関する短期カウンセリングにアクセス」したり、「510時間の英語クラスに無料で参加したりすることもできます… [and] 特定の状況下では、「自国以外の国への海外旅行」を行ってください。

しかし、そのような状況にある人々の支持者は、それは十分に進んでいないと言います。

「私たちは歓迎する国であり、多様性を祝う国であり、私たちの助けを必要とする人々に恒久的な保護を提供することによってそれを行うことができます」とデール氏は言いました。

ザキ氏は、ANUで仕事をすることができて幸運だと感じているが、コミュニティの他の多くの人々と同様に、メンタルヘルスの問題に悩まされていると語った。難民と庇護希望者の権利のための彼のキャンペーンは、彼が集中し続けるのを助けます。

いつの日か彼はオーストラリアを彼の恒久的な故郷にし、彼の愛する人たちと再会できることを望んでいます。

「すべての人間は、恒久的な家、あなたの家族と一緒に暮らす権利と呼ぶのに安全な場所に値する」と彼は言った。

「それが私の希望です。」



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です