「オジトス」:救助された犬が自宅で5歳になり、養子縁組の家族と一緒に祝いました (アルゼンチン)


犬「オジトス」は通りから救出され、パラナの家族に養子縁組されました。今週の月曜日、彼は5歳になり、ボンネットと写真で祝いました。

エントレリオスの首都の家族が共有しました 今週の月曜日の午後に開催されたユニークな誕生日のお祝い、パラナXIV地区の家で。 彼らは通りから救い出して採用した犬「オジトス」の誕生日を祝った 家族と他の4匹の子犬と一緒に暮らすために。

「オジトス」のオーナーであるタリアは、「5年前に彼女を救出した。ある日、彼は私のボーイフレンドが勤務していたポストに現れ、彼女を救出し、彼女を家に連れて帰りました。 その瞬間、私たちは彼女に恋をし、彼女をオジトスと名付けました。すぐに、私たちが彼女を養子にしたダックスフントの家族」と彼は言いました。

「おじと」とその家族

「オジトス」:救助された犬が家で5歳になり、養子縁組の家族と一緒に祝いました

祝賀の理由に言及して、タリアはそれが名誉ある家の到着によるものであると主張しました。 「オジトスは5歳になり、他の4匹のソーセージ犬(ファンティ、パンチト、オビ、モエジャ)と一緒に祝いました。ちょっとした家族のパーティーでした「」、女性は言った。

「風船とお誕生日おめでとうサインを入れて、お誕生日おめでとうを歌いました」Ojitosの所有者は言った そして、パーティーの参加者が写真を撮るのに苦労したと付け加えた。 「彼らは落ち着きがなかったので、それは私たちに写真撮影をするために多くの仕事を与えました、しかしすぐに私たちは成功しました」、女性について説明し、最終的には 「二人で一緒に座ってとどまるのは難しかった。」

パーティーでは、キャンドルとケーキ、チジト、フライドポテトがあり、参加者のためにボンネットを作り、お誕生日おめでとうを歌い、お祝いの写真を撮りました。家族全員がお祝いの企画に参加しました。 「誕生日のアイデアは私の義母、ベアトリスでした。写真は彼氏のウィリアムが撮ったもので、義父のヒューゴも参加しました。、タリアは言ったそして、テーブルに見られる食べ物は「犬のためではなく、写真のためだけだった」と明言した。

「オジトス」:救助された犬が家で5歳になり、養子縁組の家族と一緒に祝いました

出典:elonce.com

AC-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です