「アルコバール」新聞記者、同僚「モハメド・アル・ラカー」、神の保護下 (アルジェリア)



彼は今日の火曜日の夕方、ジェルファのウィラヤットからのアルコバール新聞の記者である神の憐れみに移りました。

同僚のMohamed Al-Rakhaa(60歳-06人の子供の父親)は前世紀の90年代の初めに毎日の「Al-Khobar」新聞に加わりました、そして彼が特に北部州の自治体全体に市民の懸念と問題を移すことを選ぶ前に、彼はスポーツ問題で始まりました…

亡くなったムハンマドアルラーカーも、司法制度で押収書記の職に就いており、前の引退で外出してジャーナリズムの仕事に専念することを決意しました…

「Djelfa Info」はこの大きな苦悩をもって、心からの哀悼の意を故人とその同僚の家族にまで広げ、全能の神に彼の憐れみの憐れみに恵み、彼の広大な楽園に住み、恩赦と自己満足をもって彼を祝福し、彼の家族と親類に多大な恩恵と勇気を与えてくれるように願います。

私たちはアッラーに属し、彼に戻ります

<!-->

<!- ->



この記事は外部ニュースサイト( www.djelfa.info )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です