エディラマ首相は、首都ベイルートを「爆破」し、50人の死者と3千人以上の負傷者を残した強力な爆発の後、恐怖の瞬間を経験しているレバノンの人々に哀悼の意と団結を表明し、悲劇的なバランスは残念ながら予想されますさらに深まる。

ラーマはこれを言葉のない破壊と説明しているが、これは大きな怪我と悲しみであることを強調している。

「なんて怪我と悲しみだ! 「死、けが、息も言葉も残さない破壊!レバノンの人々との慰めと連帯」とラマは書いています。

(AOL)

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、申し込みはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->